闇打つ心臓
yamiutsu.exblog.jp
『闇打つ心臓Heart,beating in the dark』初日舞台挨拶!
とうとうこの日がやって来た!
23年を経て新たに生まれ変わった『闇打つ心臓Heart,beating in the dark』の初日。
「お客さんが一人もいなかったらどうしよう…」
スタッフ誰もがどきどきしながら劇場に向かったのですが、着いたとたん杞憂に終わりました。先週のオールナイトに続き、劇場には公開を待ちわびていたお客さんたちが沢山!思わず涙、涙、涙。
「この映画をこんなにも待ちわびてくれた人がいたんだ!」
それはきっとキャストも同じだったのでは?
というわけで、番外編第2弾は、初日を記念しての監督、キャストによる舞台挨拶のレポートを掲載!当日来られなかった方々もこのブログを読んで気分に浸っていただけると嬉しいです。



f0087322_14223998.jpg長崎監督:今日は見に来て下さって本当にありがとうございます。もしかすると想像とちょっと違う映画かもしれませんが、何かを感じてもらえれば嬉しいです。
内藤:当たり前のことですが、映画は皆さんに見ていただいてやっと完成するんだなと感じます。皆さんにとって、この映画が何かの始まりだったり、何かのきっかけになったら本当に嬉しいです。皆さんそれぞれの『闇打つ心臓』を持って、それを育てていただけたらと思います。
室井:23年前の自分と現在の自分が出演するという…ホラーではないですが(笑)怖いような恥ずかしいようなそんな深い気持ちです。とても夜に合った映画なので、この作品を2年でも3年でもやっていただけたらと思います。今日見た率直な感想を、帰ってから10人位ずつ広めていただくと、3年くらい続きますね(笑)。
江口:今思えば必要以上にすごい悩んでしまったのですが、共演者やスタッフの方々にアドバイスをいただいて助けられました。
本多:本多です。残っていく作品だと思うので、まわりの人に伝えてください。透という役にこれという軸がなくて…、いつも章一と透の狭間で……。よろしくお願いします。

司会:監督、本多さんがあんなこと言ってますが殴っておいてください(笑)内藤さんは学生時代から長崎監督の作品に出演されて、時にはプロデューサーもされていますが、内藤さんにとって監督はどういう存在ですか?

内藤:長崎とは、19歳からもう30年以上も一緒にやってきています。長崎にはいつも嫌がられますが、僕は映画が終わってすぐ次の映画は何?と聞くんです。長崎映画が見たいというのが僕の中で大きなモチベーションなので、次の映画を早く撮って欲しいということにおいては、僕は長崎のファンですね。
室井:当時の長崎さんは自主映画界のスターで、私も自主映画に出演していたんですが、もっと格好いい映画に出たいなと思っていまして。81年が私のデビューですが、本当のデビューはこの作品かなと思ったりします(こんなこと言っちゃまずいんですが、笑)。初めて男女の複雑な心を表現したという、ちょっと照れくさい映画です。

f0087322_14232033.jpg司会:若い二人の長崎監督の印象は?

江口:偶然16歳の頃に地元で、『闇打つ心臓』の上映とトークを見たんです。なので長崎監督と一緒にお仕事ができるのはすごく嬉しかったです。でも、監督は私にとって一番恐い存在です。何もしゃべっていなくても、私が何を考えているのかバレてるような気がして。
本多:僕も恐いです。見抜かれてるようで。

司会:では、これからそんな作品を皆さんに見ていただければと思いますが、え?あ!皆さんちょっとお待ち下さい。たった今連絡が入りまして、特別ゲストがもう二人いらっしゃったそうです!『闇打つ心臓』8ミリ版にも御出演の諏訪太朗さん、そして、水島かおりさんです。

諏訪:今日は本当にありがとうございます。感慨無量です。
水島:どうも皆さん私のために集まってくれてありがとうございます(笑)。子殺しという題材ですが、映画を見るというよりライブを聴くような感じで見ていただけたらなと思います。

司会:諏訪さんの長崎監督に対する思い入れは?

諏訪:思い入れも何も僕の青春です。当時、映画にできるだけ近付きたいと思ってやっていて、どうしていいか分からない時に内藤から長崎を紹介され、いつしか長崎の作品には必ず内藤と僕が出るというのを、暗黙の了解でやってきました。長崎の存在があるからこそ今の俺があると感じてます。


なんと、オールキャストが舞台挨拶に登壇!というとても豪華な舞台挨拶。
短い時間でしたが、監督、出演者『闇打つ心臓Heart,beating in the dark』への熱い思いがひしひしと感じられました。

番外編第3弾は長崎俊一監督×諏訪敦彦監督×矢崎仁司監督によるトークショーの様子をお届けします。同世代の監督たちの本音を佐々木史朗プロデューサーが余すことなく引き出します!

[PR]
# by yamiutsu | 2006-04-20 14:27 | 番外編